横浜市立大学大学院医学研究科 産婦人科学 生殖生育病態医学

診療内容[浦舟] 生殖医療センター

写真

[浦舟] 生殖医療センター

生殖医療センター婦人科 診療内容紹介

当センターはかつて別々の診療科で行われていた男女の不妊部門を統合し、生殖医療センターとして2012年4月に新設されました。そのため、お一人での受診はもちろん、カップルお二人ともの治療が同一施設で可能です。一組でも多くのカップルに赤ちゃんが授かるようにスタッフ一同邁進しております。

私たち生殖医療センター婦人科部門では、一般不妊治療から高度生殖医療まで、検査結果、治療段階に合わせて最適な方法を選択しつつ診療を行っています。
まず初めに不妊の原因を検索するための検査を行い、前医からの検査結果や治療歴なども参照し、治療すべき異常を検索します。
女性不妊を引き起こす婦人科的疾患(子宮内膜症、骨盤内癒着、多嚢胞性卵巣症候群、粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮中隔等)が疑われる場合は当院の婦人科と連携して、腹腔鏡手術や子宮鏡手術などを行います。
男性不妊を引き起こす精子の異常などが見つかった場合には、当センター泌尿器科を受診していただきカップルでの不妊治療を行っていきます。
異常が見つからない、または軽微な場合は、一般不妊治療としてタイミング指導、人工授精や排卵誘発剤の投与を行います。

前述の一般不妊治療では妊娠の可能性がないか極めて低いと判断されたご夫婦を対象に生殖補助医療(体外受精・顕微授精・胚移植・胚凍結)を行っています。
予定した日程で採卵・胚移植できるように排卵誘発(調節卵巣刺激)を行って方法を原則としていますが、症例により排卵誘発剤をほとんど使用せず(低刺激)に採卵を行う方法も行っています。
高度の乏精子症・受精障害に対しては顕微授精を行っています。無精子症には、当センター泌尿器科において精巣内精子回収術を行って採取された精子を用いることも可能です。
移植する胚以外に質の良い胚がある場合、卵巣過剰刺激症候群により採卵周期で妊娠が成立すると危険と判断された場合などには胚凍結を行います。

これらのいわゆる不妊治療のみならず、大学病院併設の生殖センターとしての治療も行っております。
がん等の疾患に対する抗癌剤等の治療、もしくは疾患自体の特性によって、卵巣機能が本来よりも著しく早く低下・喪失し、一般的には生殖年齢であるにもかかわらず妊娠することが難しくなってしまう場合があります。このような医学的な理由によって、妊娠する可能性(妊孕性)が低下・喪失してしまうことが予測される場合には妊孕性温存治療(卵子凍結、胚凍結、卵巣組織凍結)を行っております。妊孕性温存外来では、妊孕性温存についての治療法の相談から始まり、患者さんの意思決定がスムーズになるようサポートをしながら、実際の温存治療まで行っています。お話を聞いていただいたうえで、温存治療を受けないという選択をされても全く問題ありません。

当センターは日本産科婦人科学会から着床前診断を認可された施設です。この検査は患者様のご希望のみで行うことはできず、検査対象とすべきかを当センター医師、本学倫理委員会、日本産科婦人科学会で入念に検討したうえで、患者様へ充分なカウンセリングを行うことが必須となります。

メンタル面にも対応できるよう不妊症看護認定看護師による不妊相談外来も設置し、体制を整えています。また、不妊に関連する遺伝カウンセリングも臨床遺伝専門医が行っております。